ラオスは東南アジアの内陸にある国、国連が認定する最貧困国の一つです。
                    山と高原、森林と河川の多い自然環境、さまざまな文化をもつ多くの民族が
                    ゆったりと生活をしている国ですが、住民の80%には電気はなく、地域によって
                    はベトナム戦争で撒き散らされた爆弾が不発弾として大量に残っております。
                    国民教育は始まって15年、教育面では校舎から教材・その他何もかも不足
                    不十分で、識字率は20%~30%という状態です。ラオスには安心して生活し
                    教育を受けることが困難な状況にある多くの子どもたちがいます。
                      本年度、5R1Z(常滑・半田・美浜・南知多・阿久比・武豊)のライオンズクラブが
                    協力して、こうしたラオスの子どもたちのために教育環境面で貢献するため
                    「小学校校舎建設事業」を進めることとなりました。阿久比ライオンズクラブは
                   今年、CN35周年となるため、記念事業として取り組んでいます。
                    ここに、「ラオス・ドンサイ村小学校校舎建設事業」の着手から完成にいたる
                   経緯についてご報告致します。

 

 
 
     
 
     
 
     
 
 
 

Copyright (C) 2009 Agui Lions Club All Rights Reserved.

      E-mail

 

TEL(0569)48-5914  FAX(0569)48-5432