2007年10月19日、東海ライオンズクラブ35周年記念事業の際に、5R1Zの第1副会長(次期会長)が揃った席で、次年度に向けた事業計画が話題となった。各クラブとも会員減少がみられ、単一クラブでは、資金、人員の面から課題も多く、なかなか思うような充実した活動を新規に始めることは困難な状況になってきているのが現状である。これを機に、5R1Z合同で国を超えた貢献事業を実施しようとする案が浮上し、334-A地区稲垣ガバナーエレクトも交えて議論を重ねた。その後、具体案を探る中で、最終的に、ASEAN11ヶ国中最貧国とも言われ、国の大部分を占める農村山間部では、経済社会の発展から取り残され、子どもたちは満足な学校もないために十分な教育が受けられず、識字率が20%と言う地域もあるという「ラオス」の小学校校舎建設の案にまとまった。2007年12月、すでにラオスの地で教育支援活動に携わっておられる京都教育大学名誉教授で、NPO法人DEFC代表の沢田誠二氏のご指導をいただいて研修会を行い事業の検討を行う。2008年1月30日~2月4日、常滑LC武内会長を団長とする視察団が現地に赴き、在ラオスの日本大使館はじめ現地の県教育局長等とも会談し、数カ所の建設候補地を視察した。その結果、ラオス・ウドムサイ県サイ郡ドンサイ村を小学校校舎建設地として決定した。 

【略語説明】 5R:知多地区 1Z:知多南部地区 地区ガバナー:334-A(愛知地区)の運営責任者
   
 
■現地地図   ■中日新聞掲載記事
※写真をクリックすると拡大表示します。
 
 
ラオス研修会 ラオス視察団 日本大使館訪問 県教育局長と会談 コンチャラーン村 県庁会議
 
現状校舎 職員室 教室の様子 建設決定 古着渡す 古着-2
 
   
 
 
Copyright (C) 2009 Agui Lions Club All Rights Reserved.

      E-mail

  TEL(0569)48-5914  FAX(0569)48-5432